クラウドデータベースと言えば・・・Kintoneなどが有名ですよね。。。

でも、「Accessのデータソースがクラウドにあれば便利なのになぁ」と考えてちょっとググったらありました。
Office365等のSharePointというサービスが利用できることが前提なのですが、月額1,360円(2018.9現在)で使えるので試す価値ありです。

手順は以下の通りです。

  1. まずSharePointにテスト用の場所を作ります。
    Office365にサインインしてSharePointに入ります。
    「サイトの作成+」をクリックし、チームサイトを作成します。
  2. Accessでデータベースを作成し、テストデータを登録します。
  3. Accessの[データベースツール]タブのSharepointをクリックし、表示されるダイアログに1.で作成したサイトのURLを入力します。[次へ]ボタンをクリックすると、作ったテーブルをSharePointへアップロードが始まり、終了するとSharePointのリンクテーブルが作成されます。
  4. SharePoint側のサイト内のサイトコンテンツを見ると、アップしたテーブルが表示されます。
  5. 同期のタイミングがわからないので、本格的に使用するのは難しいかもしれません。
    まじめにクラウドで使うのであれば、PowerAppsなどを使う方が良いようです。