WordPressのバックアップについてメモです。

WordPressは、データベースのバックアップとファイルのバックアップが必要です。

プラグイン(BackWPup)で一気に作ることも可能ですが、ファイルが膨大になると容量を圧迫したりエラーになったりします。
そこで、プラグインではDBのバックアップを、FTPソフト(FTP Rush使用)でファイルをバックアップすることにしました。
以下手順です。

  1. プラグイン(BackWPup)でデータベースのバックアップをジョブ登録する。(ファイル名は固定)
  2. プラグインの起動URLをバックアップ用PCで定時起動できるようバッチファイルを作成(スケジュールのリンクを指定)
    start “” “(URL)”
  3. 作成したバッチファイルをタスクスケジューラで定時起動できるよう設定する。
  4. FTPソフトのタスク登録で、wp-contents の Theme、plugins、uploadsを定期的にバックアップできるよう設定する。

これでうまくいくかどうか、テスト中です。

※ プラグインなどを変更した際は、バックアップのジョブを再作成しないと新たなDBが対象にならない。