NOOBSの最新バージョンが公開されたようなのでインストールしました。

参照したサイトは、以下です。

http://www.fabshop.jp/archives/3356

どうも10月5日に公開されたらしい。
ダウンロードは、1時間ほどかかりました。ZIPファイルのサイズは1.1Gです。
先日購入したSDにコピーして、起動。言語とキーボードを日本語にしてインストール。再起動したら日本語表示が最初から出来ました。(結構感激する状況ですね。)

update と upgrade を実行。ここまでで約30分です。

参考サイトによると、uname -sr でバージョン確認。
Linux 4.4.21-v7+ と表示されました。

更に sudo rpi-update 実行とのことですが、この情報は初めてです。どうもファームウェアのアップデートのようです。終わったらリブートします。

http://www.fabshop.jp/archives/3381

続いて、ローカライゼーションの設定を変更します。

テスト的に、WordPressをインストール。

日経Linux2016年5月号のP78を参照しました。

必要なソフトのインストール
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install apache2 php5 libapache2-mod-php5 php5-mysql mysql-server
要求どおりにmysqlのパスワードを設定します。

php.ini の変更
$ sudo nano /etc/php5/apache2/php.ini
末尾に extension=msql.so  を追記
apacheを再起動
$ sudo systemctl restart apache2

データベースの作成
$ mysql -u root -p
Enter password:   <-mysqlのパスワードを入力
mysql> CREATE DATABASE データーベース名;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON データベース名.* TO ‘ユーザー名‘@’localhost’ IDENTIFIED BY ‘パスワード‘;
mysql> exit

WordPressのファイルをダウンロード
$ wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
$ tar xvfz latest-ja.tar.gz

設定ファイルを作成する
$ cd wordpress/
$ cp wp-config-sample.php wp-config.php
$ chmod 600 wp-config.php
$ nano wp-config.php
————————————
define(‘DB_NAME’, ‘データベース名‘);
define(‘DB_USER’,’ユーザー名‘);
define(‘DB_PASSWORD’,’パスワード‘);
————————————
$ cd ..
$ sudo mv wordpress/ /var/www/html/
$ sudo chown -R www-data:www-data /var/www/html/wordpress/

https://IPアドレス/wordpress/  で初期設定を行う。

作ったSDカードをPi ZEROに挿して起動。ちゃんと動作しました。

xrdpもインストールしましたが、うまく動きません。
VNCが標準になったからかなぁ~??
-> VNCサーバーと競合するそうです。以下のコマンドを実行してからxrdpをインストールしてください。
$ sudo apt purge realvnc-vnc-server

次は日本語入力のセットアップです。
以下のサイトを参照に、“fcitx-mozc(ファイティクス – モズク)”ってのをインストールします。(詳細は、サイトで確認してくださいね。)

http://www.fabshop.jp/archives/3397

まずは、アップデートの実施。
$ sudo apt-get update
続いて、パッケージのインストール
sudo apt-get install fcitx-mozc –install-recommends -y
fcitxの有効化して再起動をします。
$ im-config -n fcitx
$ sudo reboot